MENU
家事代行サービスご利用ガイド

習い事の送迎サービスを頼もう!メリット5つとデメリット

習い事の送迎サービスを頼もう!メリット5つとデメリット
カジ
カジ
この記事では、家事代行サービスをこれまで10社以上利用した家事代行オタクの僕が、習い事の送迎サービスについて解説するよ

 

キレイ子さん
キレイ子さん
  • 共働きで忙しく、子どもの習い事の送迎をしている時間がない
  • ママ友と子どもの送迎トラブルがあった・・・
  • 習い事送迎サービスってどんな種類があるの?

こんな悩みを解決する記事です!

 

水泳や英会話、ピアノなど習い事をしているお子さんも多いですよね。

僕も6歳から地元、千葉で少年サッカークラブに入り、土日は朝からボールを追いかけてたなあ。

近所の友だち2人と一緒に入ったので、送迎は3世帯持ち回りでしたね。

 

うちは両親が共働きだったので、さぞ大変だったろうなと思います。

学校には「親が送迎してくれない」との理由で、同じチームに入れなかった友達もいました。

そして同じように現在でも、送迎がネックで習い事を断念するケースも多いみたいですね。

 

しかし最近では「習い事送迎サービス」が登場し、昔ほど送迎に困らなくなっています。

そんなわけで、今回は子どもの習い事送迎サービスについてくわしく解説!

時間がなくて送迎している暇がない……という親御さんはぜひ最後までご覧ください。

多くの親が子どもの習い事の送迎に悩んでいる

悩む女性

はじめに、どれくらいの親御さんが習い事の送迎に悩んでいるのか見てみましょう。

以下の表はベビーシッター・家事代行マッチングサービスの「キッズライン」が、2018年6月に行ったお子様の習い事に関するアンケート」の調査結果。

  • 調査対象:子育て中の女性169名・男性7名
  • 就労状況:共働き70.5%、片親のみ就労23.3%、ひとり親6.2%
  • 調査方法:インターネット調査

 

習い事をさせていて、負担に感じることはなんですか?

キッズラインアンケート調査結果グラフ出典:キッズライン

「費用がかさむ」や「宿題などのフォロー」を抑え「送迎や付添いが大変」が圧倒的!

こんなに多いとは思いませんでした。

送迎がネックで習い事を断念したことも

「送迎がネック」で習い事を断念したことはありますか?

キッズラインの送迎に関するアンケート調査結果グラフ出典:キッズライン

「送迎が思っていたより大変だった」「送迎をめぐり夫婦喧嘩になった」などさまざまなエピソードが見えてきそうです。

とくに共働きが増加しているいま、子どもにはいろいろな経験をさせたいと思う一方で働いていることがネックになり、ジレンマを抱えている親御さんも多いでしょう。

キレイ子さん
キレイ子さん
夫婦で残業ありのフルタイム勤務だと平日は難しいね
カジ
カジ
そうだね、さらに下の子が小さかったり親の介護があったりするとなおさら

習い事送迎サービスとは

手を繋ぐ親子の後ろ姿

習い事送迎サービスとは、親に代わって子どもの学校や習い事の送迎をしてくれるサービスです。

ベビーシッターをはじめ、最近ではタクシー会社や家事代行でも習い事送迎サービスを提供中。

また行政が運営するファミリー・サポート・センター(通称ファミサポ)にも送迎サービスがあります。

料金相場は平均すると1時間3,000円〜5,000円。

保護者の同意があれば、お子さんのみで送迎してくれる会社も多いです。

習い事送迎サービスのメリット・デメリット

メリット・デメリット

次に、習い事送迎サービスのメリット・デメリットを見比べてみましょう。

ベビーシッターやタクシー会社、家事代行、ファミサポの送迎サービスに共通しています。

デメリット

まずデメリット2つをチェック。

  1. 料金の高さ
  2. トラブルの可能性
  3. どんな人がくるかわからない

デメリット1 料金の高さ

ベビーシッターやタクシー会社などありますが、料金は安くても1時間3,000円以上。

習い事の月謝+送迎サービス料金と、費用がかさんでしまいます。

デメリット2 トラブルの可能性

交通事故などトラブルの可能性はあります。

後悔先に立たず。

保険加入の確認や担当者との事前面談はしっかり行いましょう。

カジ
カジ
保険適用範囲は会社によってまちまち。かならず事前確認しましょ

デメリット3 どんな人がくるかわからない

どのサービスを利用してもスタッフはプロですから安心です。

しかし、実際に会ってみないとわからないこともありますよね。

親との相性、子供との相性などなど。

しっくりくるスタッフと巡り合うまで、思ったより時間がかかる場合もあります。

メリット

一方でメリットは3つあります。

  1. 親の時間に余裕ができる
  2. ママ友同士の送迎トラブルを回避
  3. 研修を受けたスタッフで安心

メリット1 親の時間に余裕ができる

一番のメリットは親の時間に余裕ができること。

時間に余裕ができればよけいな焦りもなくなり、仕事にも集中できます。

また子どもが2人以上いる場合、送迎を分担できるのもいいですね。

キレイ子さん
キレイ子さん
心に余裕ができればイライラすることもなくなる
カジ
カジ
毎週ではなく月2回でもありがたいよね

メリット2 ママ友同士の送迎トラブルを回避

いくら仲のいいママ友同士でも、送迎に関するトラブルはつきもの。

「今週はお願い、来週はうちの番だよね?」などスケジュール調整がメンドウ

ママ友「今週だけ代わって! 残業になっちゃって」という感じで、送迎回数はあきらかにうちの方が多い

なんだか気疲れしちゃいますよね。

送迎サービスを利用すれば、よけいな気を使って消耗することもありません!

メリット3 研修を受けたスタッフで安心

習い事送迎サービスをするスタッフは、ベビーシッターでなくとも専門の研修を受けており、安心して送迎を任せることができます。

たとえばタクシー会社大手「日本交通」では、キッズタクシー乗務員が社員9,000人中30人ほど。

厳しい社内審査に合格した社員のみが、キッズタクシー乗務員になれるのです。

カジ
カジ
安心感と自分の時間に投資してると思えば、決して高い料金ではない

習い事送迎サービスの種類4つ

保育士女性

つづいて、習い事送迎サービス4種類をそれぞれ解説します。

  1. ベビーシッター
  2. タクシー会社
  3. 行政サービス
  4. 家事代行サービス

その1 ベビーシッター

送迎サービスの定番といえばベビーシッター。

登録されているシッターの中には、保育士資格や幼稚園教論免許をもつ人も多いです。

料金相場は1時間1,000円〜3,000円ほど。

【メリット】

  • 子どもに関する資格をもつ人が多いので安心
  • 家庭の事情にあわせた柔軟な対応
  • 料金も比較的安い

【デメリット】

  • 損害保険に加入していない会社もある
  • 相性のいいシッターさんを探すのに時間がかかる
キレイ子さん
キレイ子さん
急な残業などのときはお迎え後、そのままシッティングも依頼できていいね
カジ
カジ
そうだね。夜遅い時間まで対応している会社が多いのも特徴

その2 タクシー会社

主に一般社団法人全国子育てタクシー協会の主催する「子育てタクシー」のこと。

またタクシー会社大手「日本交通」の提供する「キッズタクシー」も有名ですね。

料金はタクシー会社ごとに異なります。

たとえば「日本交通」は1時間5,750円

一方、登録だけすれば通常の乗車料金と同じという会社もあります。

【メリット】

  • あらかじめ打ち合わせすれば、子供だけでも利用可能
  • 送迎終了後に担当ドライバーから報告
  • 子どもがタクシーを降りて、目的地にたどり着くまでが保険範囲

【デメリット】

  • 加盟会社が多くはないので予約しにくい
  • 車内で2人なので、子どもとドライバーの相性が悪いと辛い
カジ
カジ
ドライバーさんは専門講座を修了した精鋭のみ

その3 行政サービス(ファミリー・サポート・センター)

正式名称は国の事業「子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター)」です。

各都道府県にあり、簡単にいうと「地域で子育てを支えよう」という事業。

図のように、子育ての手伝いをしてほしい人が会員登録すれば子育てに協力したい、できる提供会員からの手助けを受けることができます。

自治体ごとに異なりますが、料金は1時間600円〜1,000円ほど。

【メリット】

  • ベビーシッターやタクシー会社に比べ料金が安い
  • 提供会員は複数回サポートしてくれることが多く、顔なじみになれる
  • 提供会員と時間の都合があえば、早朝・夜間でも利用可能

【デメリット】

  • 提供会員は育児の専門家ではない
  • 事前登録〜面談と依頼までやることが多い
  • 提供会員の数が少ないので予約取りづらい(依頼会員55万人:提供会員13万人)
カジ
カジ
割安だけど予約が取りづらいので利用するなら早めの予約を

その4 家事代行サービス

家事代行でも習い事送迎サービスをしています。

定期利用・単発(スポット)利用、また即日対応の会社もあるのが嬉しいですね。

料金相場は1時間1,000円〜5,000円ほど。

【メリット】

  • 送迎のあと、掃除や料理など家事も依頼できる
  • 家事代行マッチングサイトなど、利用料金の安いサービスもある
  • 英語学習OK(フィリピン人家政婦)

【デメリット】

  • 送迎以外の家事も依頼すると料金が高くなる
  • 子供と相性のいい家政婦さんを探すのに時間がかかる
カジ
カジ
家事代行も依頼したい人はぜひ。1週間分の作り置きをしてもらうと、さらに時間の余裕ができる

習い事送迎サービスのある家事代行3選

雑巾を絞る家政婦

では最後に、習い事の送迎におすすめの家事代行サービスを3つご紹介します。

3社とも保険加入しており、安心して送迎依頼できますよ!

※税込表示

  1. ベアーズ
  2. キッズライン
  3. ニチイライフ

その1 ベアーズ

ベアーズのキッズシッターページ
定期料金/1時間
  • 3,300円(1回3時間/月2回)
  • 3,900円(1回2時間以上3時間未満/月2回)
スポット料金
  • 14,117円(3時間)
  • 18,517円(4時間)
エクスプレス(即日) 15,767円(3時間)
交通費 917円
月額の目安
  • 23,614円(1回3時間/月2回)
  • 40,837円(1回2時間/週1回)
  • 50,770円(1回3時間/週1回)
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・京都・大阪・兵庫・奈良
特徴
  • 送迎・ベビーシッター・家事と幅広く依頼可能
  • 即日対応(当日14時までに依頼)
  • スタッフはシッター研修合格者のみ

家事代行最大手のベアーズは最高品質のサービスが売りです。

うちも家事代行で何度か利用してますが、スタッフさんの品質はピカイチ。

また定期利用であれば、事前にコーディネーターが訪問し細かい打ち合わせもできるので安心です。

相談は無料、まずは気軽に問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

\毎月キャンペーン実施中/
今すぐベアーズに依頼する

その2 キッズライン

キッズライン
料金/1時間 1,000円〜(サポーターが自分で決めれる)
交通費 実費
月額の目安 16,000円(1回3時間/月4回)
対応エリア 全国
特徴
  • リーズナブルな料金
  • サポーターのプロフィールを見て指名できる
  • ウェブ上で簡単に依頼

ベビーシッター&家事代行のマッチングサイト、料金の安さで選ぶならキッズライン!

利用料金は少しでも抑えたいという方におすすめです。

ただマッチングサイトなので、会社から派遣されてくるタイプの家事代行と違い、スタッフにスキル差はあります(研修時間の差)。

送迎サービスでしか利用しないという場合であっても、事前に1時間利用してみるなど「お試し時間」を設けましょう。

\1時間1,000円〜/
今すぐキッズラインに依頼する

その3 ニチイライフ

ニチイライフ
定期料金/1時間
  • 3,960円(Sエリア)
  • 3,300円(Aエリア)
  • 2,860円(Bエリア)
スポット料金/1時間
  • 6,490円(Sエリア)
  • 5,830円(Aエリア)
  • 5,500円(Bエリア)
交通費 無料
月額の目安 31,680円(Sエリア/1回2時間/月4回)
対応エリア 全国
特徴
  • サービス提供エリアが広い
  • スポットや短時間のみなどプランが豊富
  • 大手ならではの手厚いサポート体制

介護サービス大手のニチイが運営する家事代行「ニチイライフ」も安心安全。

ベアーズと同じく、利用前にサービスマネージャーが訪問ししっかり打ち合わせできます。

また、依頼時間内であれば家事や介護などほかのサービスと組み合わせてもOKです。

\トライアルプランは5,500円/
今すぐニチイライフに依頼する

習い事送迎サービスを上手に使おう!

ソファでくつろぐ女性

今回は習い事送迎サービスのメリット・デメリットについて解説しました。

最後におさらいです。

【デメリット】

  • 料金の高さ
  • トラブルの可能性
  • どんな人がくるかわからない

【メリット】

  • 親の時間に余裕ができる
  • ママ友同士の送迎トラブルを回避
  • 研修を受けたスタッフで安心

 

毎回、習い事送迎サービスを利用する必要はありません。

しかし月に数回利用するだけで、親の負担もグッと減らせるはずです。

いずれにせよ、どのサービスを利用するにしても登録が必要になります。

今すぐは必要ないという方も、緊急時のために登録だけしておくorお試しで一度利用するといいですよ!