家事代行サービスご利用ガイド

知らないと損する!家事代行スポットと定期それぞれのメリット・デメリット

家事代行は定期とスポット依頼を上手に使い分けよう!
カジ
カジ
この記事では家事代行サービスの依頼方法「定期」と「スポット」について、これまで10社以上利用した家事代行オタクのぼくが解説するよ

 

キレイ子さん
キレイ子さん
定期とスポットがあるのは知ってるけど、どんな風に使い分ければいいんだろう

こんな疑問をスッキリ解決します!

 

家事代行は定期で依頼するイメージが強いかもしれませんが、スポット(単発)でも頼めます。

しかし定期とスポットは条件がかなり違うので、利用方法を知らずに頼むとお金と時間を損してしまう可能性も。

どうせなら上手に活用したいですよね。

 

この記事では、これから家事代行サービスの利用を検討しているあなたが失敗しないように、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。

先に結論からご覧ください。

定期
メリット
  • 料金が安い
  • 鍵を預けられる
  • 安心感
  • 指示する手間が省ける
デメリット
  • 料金・回数の固定
  • すぐに解約できない
こんな人におすすめ
  • 依頼頻度が決まっている(月2回、週1回など)
  • いつも同じスタッフに頼みたい
  • 料金は少しでも安い方がいい

 

スポット
メリット
  • 必要な時だけ依頼
  • 複数のサービスを試せる
デメリット
  • 料金が高い
  • 鍵を預けられない
  • スタッフの指名不可
こんな人におすすめ
  • 依頼のタイミングは不定期
  • 複数の業者を利用したい

 

上記のようにかなり違いがありますよね。

でもご安心ください。

この記事を読めば、定期とスポットの特徴をばっちり把握できます。

そして自分のライフスタイルにどちらが合うか、しっかり判断することができますよ!

 

以下の記事では、家事代行サービスそれぞれの形態について詳しく解説しています。

利用前に知っておきたい!家事代行サービス3形態それぞれの特徴
利用前に知っておきたい!家事代行サービス3形態それぞれの特徴この記事では、家事代行サービス3形態について書いています。派遣雇用型、クラウドソーシング型、マッチングサービスの特徴を詳しく解説。これから家事代行サービスの利用をお考えの方は是非ご覧ください。...

家事代行の依頼方法「定期」「スポット」とは?

掃除道具を持つ手

家事代行の依頼方法には「定期」と「スポット」の2種類があります。

2種類の依頼方法
  • 定期=毎月決まった日に来て家事をしてくれる
  • スポット(単発)=必要な時だけ家事をしてくれる

ただ、初めから「定期」で依頼する人はあまりいません。

初回お試しプランやスポットで依頼し、サービスが気に入れば定期契約という流れが一般的です。

家事代行の依頼方法「定期」「スポット」比較表

比較

それでは「定期」と「スポット」の比較表を見てみましょう。

具体例があったほうがわかりやすいので、今回は「カジー」のサービス内容で比較します。

比較ポイントは以下7つ。

比較ポイント
  1. 料金
  2. 鍵の預け
  3. スタッフの指名
  4. 信頼性・指示
  5. 仕上がり感(掃除)
  6. 頻度
  7. 解約

 

家事代行の依頼方法「定期「スポット」比較表
定期 スポット
料金

安い

例 2,190円/1h(月4回プラン)

やや高い

例 2,500円/1h

鍵の預け

月額費用のかかる会社もあり。

×

できません。

スタッフの指名

指名料400円/1h(途中変更可)

カジーはできますが(初回除く)、他社はできないことが多いです。

信頼性・指示

毎回同じスタッフがくるので安心して任せられます。少しの指示で大丈夫。

毎回「はじめまして」なので指示の手間がかかります。

仕上がり感(掃除)

スタッフは掃除し慣れた部屋なので満足度の高い仕上がりになります。

スタッフは初めて掃除する部屋なので時間配分が難しく、ムラが出てしまいがち。

頻度

固定

月に何度来てもらうか事前に契約。

好きなだけ

何度でも頼めます。

解約

時間がかかる

解約は翌月末という会社が多いです。
例)8月に解約申し出→9月末が解約日

すぐ

1回ずつの利用のため、解約手続きの必要なし。

「定期依頼」のメリット

メリット

次に「定期依頼」のメリット4つを解説!

メリット
  1. 料金が安い
  2. 鍵を預けられる(不在でもOK)
  3. 安心感
  4. 指示する手間が省ける

家事代行サービスを頼む人の多くは定期で利用しています。

上手に使い分けるためにも、メリットをしっかり把握しておきましょう。

「すでに知っている」という方はスルーでお願いします。

メリット1 料金が安い

まず何と言っても料金の安さ。

1回あたりの単価は、依頼回数が増えるにつれて下がります。つまり依頼回数が多いほどお得!

例として大手家事代行サービス「CaSy(カジー)」の掃除代行の料金表(1時間)を見てみましょう。

カジーの料金表出典:カジー

スポット(2,500円)と1週間に1回の定期(2,190円)を比べると、310円も違いますね。

3時間で930円、月2回依頼した場合1,860円の差額です。

カジ
カジ
毎月、利用する日が決まってるなら定期の方が絶対お得

メリット2 鍵を預けられる(不在でもOK)

鍵を預けられます。つまり不在時でも対応してくれますよ!

休日に家事代行を頼んだ場合、スタッフがくるのを自宅で待つ必要ありません。

鍵の保管方法は会社によって違いますが、「ココセコム」を利用するなど万全を期しています。

なお、業者によって有料・無料は異なりますので要確認。

キレイ子さん
キレイ子さん
帰ってきたら部屋がピカピカって嬉しい

メリット3 安心感

安心感があるのも定期依頼のメリット。

定期の場合スタッフは固定されるので、おのずと信頼関係が生まれます。

「○○さんになら安心して家事を任せられる」というのは、休日をフルに使いたい人にとってありがたいですね。

カジ
カジ
個人的にはこれが一番のメリットかな

メリット4 指示する手間が省ける

掃除や料理依頼するときの手間が大幅に省けます。

先ほどの項目と似ていますが、スタッフは固定されるので仕事をするうちに依頼主の要望や特徴を覚えてくれます。

また依頼する側もスタッフの得意、不得意をある程度把握できます。

つまり人間関係ができる(お互いの理解が深まる)ので、依頼がスムーズになります。

キレイ子さん
キレイ子さん
「痒い所に手が届く」仕事をしてくれるよ

「定期依頼」のデメリット

デメリット

「定期依頼」のデメリットは以下の2つ。

デメリット
  1. 料金・回数の固定
  2. すぐに解約できない

デメリットと言うほどマイナスではありませんが、定期利用を考えているなら知っておいて損はありません。

デメリット1 料金・回数の固定

料金・回数の固定は人によってはデメリット。

たとえば月に4回来てもらう契約をした場合、掃除する必要がないほどキレイでもスタッフは訪問します。

もちろん月額料金は発生。逆に訪問回数が足りず、しばらく室内が汚いままということも。

訪問回数は途中で変更できますが、丁度いい回数を自分で見極める必要があります。

カジ
カジ
見極めるまではスポットで様子見した方がいいかも

デメリット2 すぐに解約できない

解約しようと思っても即日解約、というわけにはいきません。

月末締め、翌月末で解約というパターンが多いですね。(例 8月に解約申し込み→9月末でサービス終了)

会社によっては解約書類を提出するなど、スポットに比べると少し面倒。

キレイ子さん
キレイ子さん
契約・解約は計画的に

「スポット依頼」のメリット

メリット

では次に「スポット依頼」のメリットを見てみましょう。

メリット
  1. 必要な時だけ依頼
  2. 複数のサービスを試せる

近年、家事代行の利用者は増加していますが、利用頻度は1カ月に1回以下という人が最多。平成29年度:経産省調べ

このような背景から家事代行サービス各社、スポットに力を入れています。

メリット1 必要な時だけ依頼

自分の好きな時に、必要な時間だけ依頼できるのは嬉しいですね。

こんな時に助かる!
  • 急病や体調を崩した
  • 子供が熱を出してしまったなど、世話が必要
  • 急な来客予定が入ったけど、掃除する時間がない
  • 年末や引っ越しの大掃除
  • 疲れたので休みたい
  • 定期依頼では足りない
  • 美味しい手料理が食べたい

 

使い方も頻度もあなたの自由。定期依頼よりずっと気軽、簡単に頼めますよ!

カジ
カジ
急な人手が必要な時に頼りになる

メリット2 複数のサービスを試せる

色々な会社のサービスを試すことができます。定期依頼とは違い、1回ぽっきりですからね。

掃除はA社、料理はB社という使い分けも可能。

また、定期依頼する前の様子見したい時に嬉しいです。

キレイ子さん
キレイ子さん
お気に入りのスタッフを見つけよう

「スポット依頼」のデメリット

デメリット

「スポット依頼」のデメリットは以下の3つ。

デメリット
  1. 料金が高い
  2. 鍵を預けられない(在宅のみ対応)
  3. スタッフの指名不可

デメリット1 料金が高い

まず料金の高さ。自由度が高い分どうしても高くなってしまいます。

定期と比べどれくらい違うのか、主なサービス5社の1時間の料金をまとめました。

以下の比較表をご覧ください。最安料金で記載しています。

会社名 定期 スポット
カジー 2,190円 2,500円
ベアーズ 2,350円 4,000円
キャットハンド 1,980円 3,680円
カジタク 3,150円 6,100円
ニチイライフ 3,960円 6,490円

 

料金差の大小はあれど、スポット料金の高さがわかりますね。

カジ
カジ
高いのは分かっていたけど、結構違うもんだね

デメリット2 鍵を預けられない(在宅のみ対応)

鍵を預けることができません。

つまり自分の不在時に、スタッフが訪問して家事することができないわけです。

1度きりの依頼で鍵を預けるわけにもいきませんので、防犯上しょうがないですね。

とはいえ多くの家事代行サービスの場合、最初と最後だけ立ち会えばOK。掃除中は外出しても構いません。

キレイ子さん
キレイ子さん
休日、外出するなら家事代行が終わってからになるね

デメリット3 スタッフの指名不可

スポット依頼はスタッフの指名ができません。

理由は定期依頼のお客さんを優先するから。(会社にもよりますが)

なのでスポットは依頼日に定期と重ならないスタッフがくることが多いようです。

ちなみにマッチング型の家事代行サービスは、最初から指名可。

カジ
カジ
気に入ったスタッフがいたら指名しよう

家事代行が初めてなら「お試しプラン」

掃除道具

家事代行サービス初利用なら「お試しプラン」を利用しましょう!

定期やスポットより料金も安く、家事代行がどういったサービスなのかよくわかるはずです。

例として、以下はCaSy(カジー)のお試しプラン。

カジーのお試しプラン出典:カジー

枠の中に書いてありますが

  • 掃除代行=スポットより1,500円お得
  • 料理代行=スポットより2,250円お得

 

お試しプランを利用して気に入ったら定期に切り替える、という感じでOK

キレイ子さん
キレイ子さん
お試しプランは初回のみなので注意

家事代行は「定期」と「スポット」を上手に使いましょう!

ポイント

家事代行の依頼方法「定期」と「スポット」を解説しました。

それぞれのメリット・デメリットをしっかり押さえておけば、上手に使い分けれるようになりますよ!

では最後にそれぞれのメリット・デメリットをおさらいです。

 

スポット依頼

メリット
  • 必要な時だけ依頼
  • 複数のサービスを試せる
デメリット
  • 料金が高い
  • 鍵を預けられない
  • スタッフの指名不可

 

定期依頼

メリット
  • 料金が安い
  • 鍵を預けられる
  • 安心感
  • 指示する手間が省ける
デメリット
  • 料金・回数の固定
  • すぐに解約できない

 

自分の生活に合わせて依頼してくださいね (^^)/