家事代行サービスご利用ガイド

家事代行とハウスクリーニングの違い6つ【使い分けるコツも解説】

家事代行とハウスクリーニングの違い6つ【使い分けるコツも解説】
カジ
カジ
この記事では、これまで10社以上家事代行サービスを利用した家事代行オタクの僕が、家事代行とハウスクリーニングの違いを分かりやすく解説するよ

 

キレイ子さん
キレイ子さん
家事代行とハウスクリーニングってどう違うの?

こんな疑問をスッキリ解決できます!

 

僕も家事代行を利用するまでは、両者の違いがよく分かりませんでした。

「どっちもプロが部屋掃除してくれるんじゃないの?」くらいの認識w

しかし、きっちり判断できないと正しく使い分けもできません。

 

それはつまり、自分の時間やお金を無駄にしてしまう可能性があるということです。

あなたがそんな失敗をしないためにも、この記事で両者の違いをしっかり解説します。

先に結論
家事代行サービスとハウスクリーニングの違い
家事代行サービス ハウスクリーニング
サービス内容

日常的な家事

掃除や料理、洗濯、片付けなど一般的な家事。

専門的なクリーニング

専門知識や技術を持ったスタッフが、エアコンや換気扇内部、バス内部を徹底的に洗浄。

スタッフ

掃除が得意な主婦

研修を受けた掃除が得意な主婦が中心。

専門知識、技術を持ったプロ

分解や高圧洗浄と力仕事なので、男性が多いですね。

掃除道具

家にある道具

顧客の家にある掃除道具を利用します。

専用の道具を持参

専用機器や溶剤を会社から持参します。

仕上がりの質

80点

家庭用の道具のみで掃除するので、一般人と大きな差はないです。

100点

プロが専用機器を駆使し、徹底的に掃除するので完璧です。

料金形態

時間×単価

1時間単位の時給×時間というのが一般的。

1回の作業により異なる

クリーニングする場所、プランにより異なりますが、家事代行より料金は高いです。

利用頻度

高い

週1~月1、それ以上の頻度で定期的に頼む人も多い。

低い

年1~2回、季節の変わり目に頼む程度。

つまりこんな人に向いています
家事代行サービス まんべんなく部屋全体を掃除してほしい人
ハウスクリーニング 一か所を徹底的にキレイにしてほしい人
カジ
カジ
ハウスクリーニングはエアコンや換気扇、浴槽エプロン等の分解洗浄までしてくれる

 

この記事を読み両者を上手に使い分ければ、どちらに依頼すればいいか悩むこともなくなります。

そして一年中部屋を快適な状態に保ち、毎日気持ちよく過ごすことができますよ!

最後までぜひご覧ください (`・ω・´)ゞ

 

以下の動画を見ると、家事代行とハウスクリーニングをよりイメージしやすくなります。

家事代行サービス

ハウスクリーニング

家事代行とハウスクリーニングの違い6つ

AB比較

家事代行とハウスクリーニングの違いは以下の6つ!

両者の違い
  1. サービス内容
  2. スタッフ
  3. 使用する掃除道具
  4. 仕上がりの質
  5. 料金形態
  6. 利用頻度

違い1 サービス内容

蛇口を掃除する手
家事代行サービス
  • 日常的な家事
ハウスクリーニング
  • 専門的な掃除

 

家事代行サービスは掃除だけでなく、できることの範囲も広いので依頼者がある程度指示する必要があります。

一方のハウスクリーニングは、あらかじめ決まった場所を徹底的に掃除

また同じ会社で家事代行サービス、ハウスクリーニングを提供している場合も多いです。

カジ
カジ
サービス内容、条件は業者によって異なるから数社を比較・検討してみて

違い2 スタッフ

掃除する女性
家事代行サービス
  • 掃除が得意な主婦
ハウスクリーニング
  • 専門知識のあるプロ

 

家事代行サービスのスタッフはパートの主婦が中心。

各業者それぞれ研修制度がありますが、スタッフのスキルにどうしてもバラツキが。

方やハウスクリーニングのスタッフは直接雇用されていることが多く、研修で知識や技術を学習。

スキルにバラツキはありますが、専門の掃除道具があるので一定の質はキープされています。

キレイ子さん
キレイ子さん
家事代行は女性、ハウスクリーニングは男性というイメージ

違い3 使用する掃除道具

掃除道具
家事代行サービス
  • 顧客の家にある掃除道具
ハウスクリーニング
  • 専用の道具を持参

 

家事代行のスタッフが使うのは日常的な掃除道具のみ。

中には掃除道具を持参する業者もありますが、基本的に顧客宅の道具を使います。

他方のハウスクリーニングは専用道具を全て持参。

高圧洗浄機や専用溶剤など、プロ専用の道具でしっかり掃除してくれますよ!

カジ
カジ
専用洗剤だけでも10種類以上あるみたい

違い4 仕上がりの質

エアコン洗浄する男性
家事代行サービス
  • 80点の仕上がり
ハウスクリーニング
  • 100点満点の仕上がり

 

人、掃除道具の違いもありますが、一番の違いは「分解洗浄」するかしないか。

家事代行はエアコンや換気扇、浴槽のエプロン(側面)を分解しません。

対してハウスクリーニングは分解し内部まで洗浄、さらに抗菌処理までしてくれます。

キレイ子さん
キレイ子さん
ハウスクリーニングは室外機も分解洗浄してくれる

違い5 料金形態

ラテアート
家事代行
  • 時給×時間
ハウスクリーニング
  • 1回の料金

 

家事代行サービスは1回の最低利用時間が1~3時間と決まっています。

そこに1時間○○円という金額が加算されることが多いです。(交通費は別途)

ハウスクリーニングは1回○○円と言った感じ。

掃除が終わり次第撤収なので、掃除する時間は決まっていません。(目安は2~3時間)

カジ
カジ
ハウスクリーニングの方が料金は高い

違い6 利用頻度

カレンダー
家事代行サービス
  • 週に1度~など高頻度
ハウスクリーニング
  • 年1~2回程度

 

家事代行サービスの利用頻度は高め。多い人だと週2回以上という人も。

頻繁に利用する人は定期依頼していることが多いです。

一方のハウスクリーニングの利用頻度は低め。

その理由は、エアコンや換気扇内部の掃除は半年~一年に一度で十分なので。

キレイ子さん
キレイ子さん
頻度は違えど両者とも欠かせないサービスだね

家事代行とハウスクリーニングを使い分けるコツ2つ

テーブルを掃除する女性

続いて家事代行とハウスクリーニングを使い分けるコツをご紹介します。

以下の2つを固めてからどちらに依頼するか決めましょう!

使い分けるコツ
  1. 掃除する場所を決める
  2. 掃除のレベルを決める

コツ1 掃除する場所を決める

まず、どの場所を掃除したいのか決めましょう。

水回り(キッチン・トイレ・バス・洗面台)を満遍なくキレイにしたいのか、それとも1カ所のみなのか。

もし「部屋全体をキレイにしたい」というフワッとした希望なら家事代行サービス。

「風呂、というか浴槽の裏側までキレイにしてほしい」と目的が明確であればハウスクリーニングです。

カジ
カジ
ここが一番重要

コツ2 掃除のレベルを決める

どこまでのレベルまで掃除してほしいのかを決めましょう!

「頑張れば自分でもできるレベル」なら家事代行サービス。

「分解など自分ではできないレベル」はハウスクリーニングに依頼。

同じ場所でも、レベルによってどちらに依頼するか変わります。

キレイ子さん
キレイ子さん
両社で金額もかなり違うのでしっかり決めて

家事代行とハウスクリーニングの利用手順

葉っぱ

利用手順は業者によって多少違いますが、ここではごく一般的な利用手順を紹介します。

利用手順
  1. 家事代行サービス
  2. ハウスクリーニング

利用手順1 家事代行サービス

家事代行サービスの利用手順
  • STEP1
    電話やウェブサイトから問い合わせ

    サービス希望日時、訪問日を決めます。

  • STEP2
    ヒアリング・サービス実施

    担当プランナー・清掃スタッフの2名で顧客の家に訪問。

    「お試しプラン」のある場合、この日に掃除をします。

    ない場合は要望のヒアリングや定期契約の説明、本申し込みなど。

  • STEP3
    定期依頼に本申し込み

    サービス当日に本申し込みできます。

    もちろん、少し考えたいという場合は後日でもOK

  • STEP4
    サービススタート

    定期契約後、サービススタートです。

    今後は決まった日時に清掃スタッフが訪問。事前に鍵を預けることもできるので不在でも大丈夫。

利用手順2 ハウスクリーニング

ハウスクリーニングの利用手順
  • STEP1
    電話やウェブサイトから問い合わせ

    掃除個所、訪問希望日を伝えましょう。

  • STEP2
    訪問・見積もり

    担当者が顧客の家に訪問。

    その場で見積もりを提示するので、OKならサービス実施する日時を打ち合わせ。

  • STEP3
    サービス実施

    打ち合わせた日時に清掃スタッフが訪問しサービス実施。

家事代行とハウスクリーニングを上手に活用しよう!

昼寝する猫

家事代行サービスとハウスクリーニングの違いがお分かりいただけたと思います。

両者の特性を活かして上手に使い分ければ、部屋をキレイな状態に保てるのでいつも気持ちよく過ごせますよ!

 

最後にもう一度両者の違いをおさらいしましょう。

家事代行サービスとハウスクリーニングの違い
家事代行サービス ハウスクリーニング
サービス内容

日常的な家事

掃除や料理、洗濯、片付けなど一般的な家事。

専門的なクリーニング

専門知識や技術を持ったスタッフが、エアコンや換気扇内部、バス内部を徹底的に洗浄。

スタッフ

掃除が得意な主婦

研修を受けた掃除が得意な主婦が中心。

専門知識、技術を持ったプロ

分解や高圧洗浄と力仕事なので、男性が多いですね。

掃除道具

家にある道具

顧客の家にある掃除道具を利用します。

専用の道具を持参

専用機器や溶剤を会社から持参します。

仕上がりの質

80点

家庭用の道具のみで掃除するので、一般人と大きな差はないです。

100点

プロが専用機器を駆使し、徹底的に掃除するので完璧です。

料金形態

時間×単価

1時間単位の時給×時間というのが一般的。

1回の作業により異なる

クリーニングする場所、プランにより異なりますが、家事代行より料金は高いです。

利用頻度

高い

週1~月1、それ以上の頻度で定期的に頼む人も多い。

低い

年1~2回、季節の変わり目に頼む程度。

 

必要に応じてサービスを利用し、自由な時間を増やしましょう (^^)/